2016年04月02日

ブログとツイッターどっちを書けばいいの?

皆さんこんにちは、志魂です。

前々回でツイッターを使い始めたという話は覚えていますでしょうか?

実際に使ってみると思っていたものと違ったというのはよくある話です。
私の場合はつぶやく内容がブログと被ってしまうことがネックになりました。

ブログとうまく組み合わせるにはどうすればいいのか?
そもそもツイッターを使う意味はあるのか?

なかなか答えが見つからずにしばらく悩んでいました。

それぞれの特徴をネットで調べてみると…

ブログ   → 自分の考えを一度噛み砕いたあとに書き込む
ツイッター → その場の気分で書き込む

だいたいこのような感じでした。

書く内容が同じなら片方は書かなくていいんじゃないかと、それらを同時に使う理由が思いつかなかったのですが、自分の考えを一度噛み砕くというところに活用法が見い出せそうです。

今の状況と照らし合わせてもう一度考えてみることにしました。

ツイッターで一度つぶやいた内容でも、ブログでまとめておくと読む人にとっては分かり易いのではないか?
ツイッターは短い文章しか書けないので、そこで差別化を図れるのではないか?

などなど。

いろいろ悩んだ末、『ブログでは長い文章を書いてツイッターでは短い文章を書く』というシンプルな形に落ち着くことになりました。

ブログとツイッターの両方を使おうとして悩んでいる人は、それぞれの本質に注目して活用方法を見つけ出すといいかもしれませんね。

ブログやツイッターに関する問題はまだまだ出てくるとは思いますが、両方をうまく活用していければと思います。


タグ:Twitter
【その他の最新記事】
posted by 志魂 at 09:49 | その他